水素水 水道水

水素水と水道水の違いって何?
Line

水素水と水道水の違いって何?


水素水と水道水の違いは、水素水は水の中に水素が溶け込んでいる水であり、水道水は水素が溶け込んでいない水である、と言う事です。

水素水はその名前の通り、水に高濃度の水素を充填したり、電気分解したりして、水の中に水素を多く含ませた水です。

一方の水道水は、水道の蛇口から出てくるそのままの水です。

水素は気体である為、そのままの状態ではすぐに蒸発してしまい、水道水の中にはほとんど入っていない、と言っても構いません。

つまり、水道水には水素は含まれていない訳です。

また、水素水には水素の他にも、マグネシウムやナトリウムといった、人間の体に必要なミネラル成分も含まれている事があり、健康にとても良いとされています。

水道水の場合、塩素消毒がされている為に体にとって有害だ、と言われる事もありますね。

水道水特有のカルキのニオイもある事から、飲料水として水道水は飲まない、といった方もいらっしゃる程です。

Line

水素水は水道水から作る事ができるの?


水素水は、水道水から作る事ができます。

もちろん、市販されている水素水の中には、各地域の名水とも呼ばれている美味しい水を利用して、水素水を作っているものもあります。

けれど、サーバーを自宅で据え置き水素水を作る場合には、水道の水を使用しても大丈夫です。

また、スティックタイプのマグネシウムから水素水を作る場合も、水道の水を使って構いません。

要は、水を電気分解させる事で水素を発生させるのですから、水であればいい訳ですね。

ただ、どうしても味にこだわりたいのであれば、自宅で水道水を使って水素水を作るよりも、名水を利用している水素水を購入される事をおすすめします。

毎日飲む水ですから、どうせなら美味しく飲みたいですからね。

Line

水道水より水素水を飲んだ方が健康になれるの?


水道水よりも、水素水を飲んだ方が健康になれます

それは、水素に抗酸化作用があるからです。

私たちの細胞は、日々酸化しています。

これは、鉄がサビていくように、体が徐々にサビている状態の事を指します。

細胞が酸化すると、老化の原因となるのはもちろんの事、ガンといった病気の引き金にもなります。

細胞が酸化してしまう原因は体内の「活性酸素」にありますが、この活性酸素を除去してくれる働きがあるのが、水素に含まれている抗酸化作用なのです。

つまり、水素水を日常的に飲む事で、抗酸化作用によって体内の活性酸素が減少し、細胞が酸化する事を防いで老化のスピードを緩めてくれるのです。

それと同時に、病気にもかかりにくくしてくれますので、健康にもいい訳ですね。

水素水には、体に必要なミネラル分が多く含まれているものもあります。

健康の為に水素水を飲む事は、間違いないのです。

Line