水素水 詐欺

水素水には詐欺が多いってホント?
Line

水素水には詐欺が多いってホント?


水素水には詐欺が多いと言うのは、残念ながらホントです。

そもそも水素は、元素の中でも一番小さく軽い性質を持っています。

その為、ペットボトルに入っているような水素水は、しっかり蓋をしていようと、容器の底や側面からほとんどの水素は逃げてしまっています。

そんな水素水を飲んでも、十分に水素を摂取する事はできないでしょう。

もちろん、全ての水素水が詐欺だと言う訳ではありません。

信頼できるメーカーが作っている水素水の場合、容器にまでこだわって作ってあります。

具体的には、何層ものアルミパウチ状の容器に入っている水素水であれば、水素の分子も抜けづらい為、水素の濃度を保つ事ができます。

水素水を選ぶ際は、水素の濃度だけではなく、入っている容器についてもしっかりと確認するようにしましょう。

Line

訪問販売の水素水って詐欺なの?


訪問販売の水素水は、詐欺の場合があるかもしれません。

確かに、訪問販売で売られている水素水でも、信頼できるメーカーのものもあるでしょう。

けれど、いきなり訪問してきて水素水を宣伝し、契約書を書かせるようなメーカーであれば、詐欺の可能性が高いと思われます。

水素水に溶け込んでいる水素は、目に見えるものではありません。

だからこそ、しっかりと調べる必要があるのです。

訪問販売では、販売員の言葉しか耳に入ってきません。

もし、訪問販売で勧められた水素水が気になるようでも、その場での契約は決してしないようにします。

改めて、ネットや口コミ、家族などに相談してから、購入するようにしましょう。

訪問販売ではどうしても詐欺が多くなりますので、十分注意してくださいね。

Line

水素水の詐欺に遭わないようにするにはどうしたらいい?


水素水の詐欺に遭わないようにするには、次のような事に気を付けましょう。

・水素が抜けづらい容器に入っているか
・水素の濃度は1.2PPM以上になっているか
・信頼できるメーカーのものか

まず、水素はとても抜けやすい性質を持っています。

その為、ペットボトルといった一般的な容器に入っている水素水には、水素はほとんど入っていないと考えられます。

水素の濃度も重要です。

水素水の濃度の目安としては、0.8〜1.0PPM以上の濃度であれば効果があらわれる、とされています。

その為、保管時の水素の抜けも考え、充填時の濃度が1.2PPM以上の水素水でなければ、効果が期待できないかもしれません。

また、通信販売でも訪問販売でもそうですが、信頼できるメーカーの商品を購入するようにしてください。

名前も聞いた事のないメーカーで、調べてみても口コミがなく、ホームページなどもしっかりしていないようなメーカーは、避けた方が無難かもしれませんね。

Line